名鉄本線鳴海駅から徒歩5分の場所に浄泉寺があります。東海道の宿場町鳴海に1432年(永亨4年)に開山し、580余年の歴史のある古刹です。真宗高田派 浄泉寺はなだらかな高台にあり、非常に風光明媚なお寺です。

 毎年4月には永代経、10月には報恩講と多くの檀家さんでにぎわいます。春秋のお彼岸と8月のお盆にも多くのお墓参りの方々が来られます。 駅から近く駐車場も完備しておりアクセスが非常に便利です。

 当寺では日本武道(剣道・居合・空手・柔道)の伝統を継承する活動も行なっています。境内にある相愛会館では剣道・居合の道場を開設しており、空手(極真空手長谷川道場)の昇段審査や合宿なども行っております。

浄泉寺(名古屋市緑区鳴海)の紹介

納骨堂
納骨堂

  近年核家族化と少子化が進み、縁者との交流も薄れがちの風潮にかんがみて、浄泉寺の納骨堂・永代供養塔は、宗旨、宗派にこだわらず希望者に開放しています。

 納骨堂生前予約を承ることもでき、収蔵予定者の変更も可能です。個別納骨壇の御堂で懇ろにご供養を致します。

 経済的にお値打ち永代供養塔は、合祀墓として多くの方々からお問合せを頂いております。お気軽にご参観ください。

 納骨堂/永代供養塔の詳細については、こちらをご覧ください。



浄泉寺剣友会について

浄泉寺相愛会館
相愛会館
浄泉寺相愛会館道場
相愛会館道場

 浄泉寺境内にある相愛会館では、浄泉寺剣友会として、剣道、居合道の道場を地域に開放しています。

 主に大人を対象とした「日曜稽古会」では、現在のべ80名を超える剣友が汗を流しております。昇段審査に向けて基本を中心に稽古を行っています。

 毎週金曜日には全日本剣道連盟居合の「居合道同好会」として多くの居合愛好者が楽しく稽古に励んでいます。

 ぜひ一度見学にきてみて下さい。

7月以降の活動休止のお知らせ

 浄泉寺日曜稽古会としましては、新型コロナウイルス感染対策として「愛知県剣道連盟の対人稽古自粛解除における稽古取組みについて」に基づき、感染対策を万全に行った上での稽古再開を検討してまいりましたところ、日曜稽古会が①自由参加の団体であり、参加者がその都度自由に入れ替わること、②参加者の人数を制限することが事実上不可能であること、③参加者に飛沫対策防止用の面の着用や徹底した消毒管理を求めることが困難であること等を理由として7月以降当分の間稽古活動の休止を決定するに至りました。

 稽古の再開は、新型コロナウイルス感染状況が概ね収束し、他の道場においてコロナ禍以前の稽古が可能な状況に至る時期になるものと考えています。稽古再開の見通しが立ちましたら、このHP等を通じて皆様にお知らせさせていただきます。なお、稽古再開に際しては、参加人数を制限する必要から参加資格を中学生以上に限定する予定です。何卒よろしくお願い致します。

日曜稽古会(一般部中心)

・稽古日 第1,3,4日曜日(カレンダーで要確認)

・稽古時間 午後6時30分~8時

  

居合同好会(全剣連居合)

・稽古日 毎週金曜

・稽古時間 午後7時15分~8時30分