名鉄本線鳴海駅から徒歩5分の場所に浄泉寺があります。東海道の宿場町鳴海に1432年(永亨4年)に開山し、590余年の歴史のある古刹です。真宗高田派 浄泉寺はなだらかな高台にあり、非常に風光明媚なお寺です。

 毎年4月には永代経、10月には報恩講と多くの檀家さんでにぎわいます。春秋のお彼岸と8月のお盆にも多くのお墓参りの方々が来られます。 駅から近く駐車場も完備しておりアクセスが非常に便利です。

 当寺では日本武道(剣道・居合・空手・柔道)の伝統を継承する活動も行なっています。境内にある相愛会館では剣道・居合の道場を開設しており、空手(極真空手長谷川道場)の昇段審査や合宿なども行っております。

浄泉寺(名古屋市緑区鳴海)の紹介

納骨堂
納骨堂

  近年核家族化と少子化が進み、縁者との交流も薄れがちの風潮にかんがみて、浄泉寺の納骨堂・永代供養塔は、宗旨、宗派にこだわらず希望者に開放しています。

 納骨堂生前予約を承ることもでき、収蔵予定者の変更も可能です。個別納骨壇の御堂で懇ろにご供養を致します。

 経済的にお値打ち永代供養塔は、合祀墓として多くの方々からお問合せを頂いております。お気軽にご参観ください。

 納骨堂/永代供養塔の詳細については、こちらをご覧ください。



浄泉寺剣友会について

浄泉寺相愛会館
相愛会館
浄泉寺相愛会館道場
相愛会館道場

 浄泉寺境内にある相愛会館では、浄泉寺剣友会として、剣道の道場を地域に開放しています。

 主に大人を対象とした「日曜稽古会」では、現在のべ80名を超える剣友が汗を流しております。昇段審査に向けて基本を中心に稽古を行っています。

 ぜひ一度見学にきてみて下さい。

日曜稽古会(一般部中心)

・稽古日 第1,2,3,4日曜日

(カレンダーで要確認)

・稽古時間 午後6時30分~8時